どんな業種がどんなパッケージを使っているのか確認しよう

様々な場所で利用される

男女

導入事例を参考にする

会議室予約システムはオフィス全体に設置するとなると大掛かりなものになるため、設置するのにも費用がかかることがあります。
そのため、稟議書を作ったり、導入検討の会議にかけなければいけませんが、このとき参考になるのが導入事例です。
大きな企業が導入しているなら、そのシステムは信頼できるといえます。

官公庁の導入

最も信頼性が厚いのが、官公庁が導入しているシステムです。多くの人が利用していて、重要な個人情報も管理しているところであるため、官公庁が導入していれば使い勝手も良いし、セキュリティも抜群だといえるでしょう。

システムの形式

導入を検討する際には、クラウド版にするのか、パッケージ版にするのかも確認しましょう。
どれだけのユーザーに好まれているのかをホームページで数を公開している企業もあるため参考になります。ちなみに、クラウド版だといつでもどこでも管理できて便利ですが、パッケージ版は使用する人数によって値段を変えられます。

クラウド版とパッケージ版どちらを選ぶ?

クラウド版ではサーバーがいらない

サーバーは自社で揃えようとするととてもお金がかかりますし、管理も大変です。そのため、グループウェアを揃える余裕がないという企業であればクラウド版を使った方が良いといえます。クラウドなら管理もしっかりしていて安心です。

ユーザーが増えても不安定にならない

もし今後もユーザー数が増える予想がたっているなら、パッケージ版を選ぶというところも多いです。一万名であっても耐えられるシステムをもっていますし、そうすればWebサーバーに余計な負担をかけることはありません。

知識がなくても大丈夫

ITに関する専門家がいればもしもの事態にも対応することができるのですが、専任の人がいない場合は対応しきれません。クラウド版ならメンテナンスをする必要もないですし、更新も自動でされるので気軽に使えます。

人事異動がしやすい

パッケージ版で自社で管理できる状態にしていると、もし人事異動があっても変更がききやすいです。操作の手間を覚えるのに時間がかかってしまいますが、管理画面で簡単に設定できるシステムを選ぶことで解決できるでしょう。

信頼性の高いセキュリティ

クラウド版はどこからでもアクセスできることから、高いセキュリティシステムを搭載しています。どのようなシステムを搭載しているのかは、その企業のホームページですぐに確認することができるので把握しておきましょう。

広告募集中